競合店がひしめく美容室のWEB集客とは?

美容室

美容室にとっては集客がお店の売上を決める重要なポイントともいえますね。全国にコンビニの4倍以上の件数があると言われる競合の多い美容室を営業するにあたり、どうやってお客さんを集客するのか?ホームページを作成するべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。美容室のホームページ作成で覚えておきたい大切な点について解説したいと思います。

 

美容室のホームページ作成で大切なこと

美容室がホームページを作成するうえで重要なポイントを説明します。

 

1. ホームページのビジュアル

美容室のホームページを見るのは誰でしょうか?おしゃれに敏感な若い世代はもちろん、美容関係の仕事関係者だったり専門学生だったりするでしょう。それ以外にも、若い人が少ない地方では中高年向け。また競合店がひしめく地域ではが激しい地域ではあえて男性客を獲得するといった考え方もあるかと思います。どのようなターゲット層に向けてホームページを作成するか考える必要があります。そのためただ文章を並べたようなどこにでもあるホームページや、難しいホームページでは新規顧客などの集客には繋がりません。メインビジュアルやホームページの構成も含め、ターゲットに響くようなセンスが感じられる内容にするのがおすすめです。

 

2. 定期的なキャンペーンの告知

美容室はただホームページを作成して完了ではなく、その都度ニュースやキャンペーンなどの告知を行う必要があります。例えば夏には頭皮の日焼けや髪のパサツキ対策に特化した記事、冬は乾燥対策など季節に応じてホームページを更新しなくてはいけません。ホームページでそのような告知をしていないと、見ている側も飽きてしまいますし、リピーターを作るためにも更新を継続していくことが必要です。

 

3. 行ってみたいと思える美容室

ホームページ見る人のなかには美容室を探していてどこにしようか迷っている人もいます。例えば最寄り駅+美容室などのキーワードでインターネット検索したときに、上位に表示されると信頼できる気がしますよね。ホームページのなかにもスタッフの顔写真やプロフィール、店内の様子が掲載されていて行く前からある程度イメージできると、安心して美容室に行きたいと思えるはずです。店内では1〜2時間過ごすことになりますので、お店全体の雰囲気が伝えられるかどうかは美容室のホームページ作成にはとても重要になります。

 

美容室のホームページを作るとメリットがいっぱい

美容室の集客というとホットペッパービューティーなどのポータルサイトで十分では?と思う人もいるのではないでしょうか。確かに一定数は集客できますが、依存している割合が多いとその分リスクもありますし定期的なコストもかさみます。美容室でもホームページがあるのかないのかによっても安心感や信頼性に欠けてしまいます。同じ価格帯や距離の美容室があればホームページのあるなしで来店するかどうかを決めてしまうことも…。

 

ホームページは今や個人でも簡単に作れるツールが出ていますが、個人だとどうしても似たようなデザインになってしまい差別化ができなかったり、運営する時間がとれず放置気味になってしまうこともあります。美容室のホームページを作成するのであれば、専門業者に任せてしまったほうが業務にも集中でき効率的でおすすめです。


サポート強化エリア

大阪府(大阪市・高槻市・茨木市・摂津市・吹田市・豊中市・池田市・箕面市)


全国オンライン相談も実施中!

▼ ▼ ▼ ▼

事業者様向け相談フォーム

トップへ戻る