税理士の新規顧客開拓とは?

確定申告の用紙

税理士でも新規顧客開拓にはホームページが必須の時代ですので、集客や宣伝のため作成したいと考えている人もいるのではないでしょうか。でもどんなホームページにしたらいいのか、決めかねている人もいるかもしれません。税理士のホームページのポイントをご紹介します。

 

税理士のホームページ作成で大切なこと

税理士がホームページを作成するうえで重要なポイントには以下のものがあります。

 

1. 目的を明確にする

ホームページを作成するうえで、まずは目的を明確にする必要があります。事務所の案内やサービス内容の紹介などお客様に伝えたうえで集客したいなど、できるだけ明確に絞った内容をホームページに込めるのがおすすめです。最優先ポイントを決めないと伝わりにくい内容になってしまいます。集客を目的にするのに単なるサービス内容の羅列ではお客様に魅力が伝わらないでしょう。ポイントを絞って訴求することが大切です。

 

2. ターゲットに沿ったホームページ

ホームページは1つに限る必要はありません。集客ができている税理士事務所などはターゲット別にホームページを作成しています。例えば確定申告に特化したホームページや、相続税対策に特化したホームページなどターゲットを絞ったうえで複数のホームページを持っていてもいいのです。興味のある人にすぐに届きやすくなりますし、集客や問い合わせにも繋がりやすくなります。

 

3. 専門用語は少なめにする

税理士が担当しているような業務は専門用語も多いので、お客様のなかには伝わりにくい言葉もあります。都度、調べなくてはいけないような専門用語の並んだホームページでは読むのが面倒になってしまいます。特に士業などの職種については、依頼したい内容を、会計士に頼むのがいいか税理士に頼むのがいいかわからないケースが多々あります。誰が読んでもわかりやすいホームページを意識しないと集客には繋がりません。法律は難しい専門用語も多いので、誰でもわかる言葉で伝える必要があります。

 

税理士がホームページを作るメリットはたくさんある

ホームページがあれば名刺にURLを記載し、概要や経歴などを効率よく伝えることになり依頼を促すことにも繋がります。24時間365日あなたの代わりに営業してくれているようなものですし、ホームページを作成したほうが全体のコスト削減にも繋がります。

 

ただしホームページを作成するにも専門知識が必要です。そのため今まで作成経験がないと学ぶことも多く、手間取ってしまったり大変だと感じることも少なくありません。本業の業務だけでも忙しいのに作業する時間が確保できず、なかなか進まないなんて人もいます。

 

ホームページを個人で作成するのもいいですが、作業効率や作成後の運用面を考えても専門業者に任せてしまったほうが安心です。ホームページはただ作ればいいだけでなく、集客のためのアクセスアップなど専門的な技術を必要とします。時間が確保できずにホームページ作成が進まないのであれば専門業者への依頼を検討してみてください。


サポート強化エリア

大阪府(大阪市・高槻市・茨木市・摂津市・吹田市・豊中市・池田市・箕面市)


全国オンライン相談も実施中!

▼ ▼ ▼ ▼

事業者様向け相談フォーム

トップへ戻る