製造業(B to B)HP作成の3つのポイント

製造業のホームページ

製造業のような企業間で取引を行ういわゆるB to Bの業種においてもホームページを作成することが重要になってきます。なぜなら御社商品のターゲットとなる見込み客は、取引先選定においてほぼ間違いなくインターネットで検索して条件の良い取引先候補を探すからです。逆に、このご時世ホームページを持っていなければこうした見込み客を逃し、機会損失してしまうことになりかねません。

 

製造業のホームページ作成で大切なこととは?

 

さて、ホームページを作成すると一口に言っても、どのようなホームページを作成すればよいのでしょうか?ここでは、製造業のホームページ作成のポイントを紹介したいと思います。

 

1. 目的を明確にする

 

御社がホームページを作成する目的とは何でしょうか?ホームページの役割として、一般的に新規顧客開拓、人材募集、社内や取引先など利害関係者への広報の役割があると考えられています。

 

この3つの中でも、とりわけ直接売上に関わってくる新規顧客開拓が重要な目的となってくるのではないでしょうか?ですので、御社の商品を検討している見込み客に伝わりやすい文章やデザインを考えることが重要になります。

 

2. サービス導入事例や実績を掲載する

 

商品納入事例や実績などは、見込み客が取引業者を選定する際に重要な指標となります。御社はどのような会社に商品を納入しましたか?また外部の団体から表彰されたことはありますか?

 

どのような些細なことでも見込み客から見ればそれはとても魅力的に映ります。過去にどのような事例があったかは整理して、サイトに掲載すると競合他社との差別化につながるでしょう。

 

3. 専門用語を分かりやすく解説する

 

製造業というのは、専門用語も多くそのまま説明しようとすると見込み客にとっては難解なことも多いケースがあります。難しい専門用語などを解説するページを用意すると良いでしょう。また、よくある質問と回答を掲載しておくと、問い合わせ対応の手間を減らすことができ、なおかつ豊富な情報が掲載されているサイトとして競合他社と比べて御社が一目置かれることになります。用語解説やよくある質問のページに関しては、見込み客が実際に検索することも多いので、SEO対策と呼ばれるアクセスアップの対策として有効な手立てとなります。

 

製造業の場合ですとちょっと突っ込んだことを聞きたいときは、営業マンではなく技術者に回答を希望するというようなお客さんもおられます。そのようなケースの対応策としては、一般窓口と技術窓口を分けておくなどの対応も必要になるでしょう。

 

ホームページはただ作っただけではアクセスがありません。

 

「見込み客は、どんなキーワードで検索しているか?」調査して、そのキーワードを軸にしたコンテンツ作成が必要になりますし、リスティング広告のようなWEB広告出稿も状況によっては必要になります。私どもではホームページ作成はもちろんですが、特にアクセスアップの対策を得意としており幅広くサポートさせていただきます。

 

ホームページを作ったら終わりではなく、後々のアクセスアップも視野に入れるのであればぜひ私どもにご相談ください。製造業専門のSEO集客相談会をオンラインで随時開催していますので、よろしければご参加くださいませ。


サポート強化エリア

大阪府(大阪市・高槻市・茨木市・摂津市・吹田市・豊中市・池田市・箕面市)


全国オンライン相談も実施中!

▼ ▼ ▼ ▼

事業者様向け相談フォーム

トップへ戻る