ブランディングのご依頼・外注をご検討の企業様へ

ブランディング戦略

 

ブランディングという言葉を聞いて皆さんどんなことを連想されますでしょうか?ロゴマーク、名刺、パンフレット、ホームページ、アイコン、イラスト、キャッチコピー、ネーミングがブランディングだという人もいますね。

 

ブランディングは、紙媒体・WEB媒体問わず企業から発信されるさまざまな情報から成り立っていくものになります。お客さんがWEB広告を見た時、WEBサイトを見た時、動画を見た時、すべてにおいて御社だと認識されてブランドイメージが統一されていることが重要になってきます。

 

世の中、商品やサービスはコモディティ化しています。消費者にとってはどれも似たり寄ったり同じように見えています。そういった中で、いかに競合他社と差別化していくかということがブランディングで重要になってきます。

 

私どものご提案するブランディングでは、いかに目新しく、独自性があり、他社商品と差別化できるかといったことを考えています。

 

 

ブランディングとは?

 

Wikipediaの定義では、「ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略。」とあります。

 

経営学者フィリップ・コトラーの定義では、「個別の売り手または売り手集団の財やサービスを識別させ、競合する売り手の製品やサービスと区別するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはこれらの組み合わせ。」とあります。

 

私どもでブランディングとは、どういう意味かわかりやすく言い換え、簡単に説明しますと、新規性と独自性を併せ持つものと考えております。

 

ブランディングについてよくある疑問

ブランディング

 

@何のために必要か

顧客に自社の存在を認識してもらうために必要となります。どういう企業として顧客に目に映り、今後存在していくのかということを認知してもらうために必要です。

 

A何をするのか

どういう企業なのかということをデザインやコピーなどクリエイティブに落とし込み、それを認知させる広告媒体選定などの活動が必要になります。ブランドを表現する媒体としてロゴマーク、名刺、パンフレット、ホームページ、アイコン、イラスト、キャッチコピー、ネーミングなどがあります。紙媒体かWEB媒体か等、選定媒体によって訴求内容も変わってきます。

 

B何からするのか

「@顧客を知る(調査する)」「Aブランドの方向性を決める」「Bブランドを強化する」といったプロセスが必要になります。

 

詳しくは、一度お問い合わせください。

 

ブランディングとマーケティングの違い

ブランディングとマーケティング

 

ブランディングは、デザインやコピー(文章等)により顧客に伝わる形で、クリエイティブを形作っていくもの。対して、マーケティングは、ブランディングにより形成された企業(もしくは、商品)の姿を顧客に知らしめる、あるいは、届ける活動になります。どちらも多様に解釈されがちで一意的に定まる言葉ではありませんが、当方ではこのような解釈をしております。

 

※マーケティングもブランディングも多様に解釈されており、人によって見解が異なります。話し手やライターの前後の文脈で判断してください。

 

ブランディングだけしてもマーケティング活動をしなければ顧客には届きませんし、しっかりとブランディングされていないとマーケティングを行っても伝わりません。

 

当方では、ブランディングはもちろん、WEB業界15年以上の強みを活かした、ネット広告におけるブランディングを強みとしています。

 

ブランディング料金相場

 

先述しましたように、ブランディングは、ロゴマーク、パンフレット、ホームページ、アイコン、イラスト、キャッチコピー、ネーミング等包括的な概念になります。

 

どのぐらいの規模感でブランディングをするかにもよりますが、少なくとも100万円〜200万円程度は見ておいた方が良いでしょう。

 

対象業種イメージ

 

弁護士、税理士、行政書士、司法書士、弁理士等、士業の他、行政、銀行、クリニックなど。

 

士業のブランディング

 

弁護士、税理士、行政書士、司法書士、弁理士等、士業においては、どの先生でも同じようなサービスを扱うことになり、しかも毎年試験合格者が新規参入して、競争も激しく差別化が難しい業界ではないでしょうか?

 

そのような場合は、取り扱いサービスと地域を限定して、ブランディングすることが重要です。

 

特に重要なのが、WEBで新規開拓するのであれば、どのようなサービスに特化するのか決めることと、集客のための検索キーワードを定めることです。検索キーワードの選定は、新規開拓において特に重要になってきますので、詳しくはお問い合わせください。

 

税理士のブランディング
行政書士のブランディング

 

こんなお困りごとございませんか?

  • 商品が良いのに売れない。
  • 価格競争で疲弊している。
  • 新規事業を開始するが、何から着手したら良いかわからない。
  • 新商品を企画しているがどのように売るか悩んでいる。
  • ブランディングとは言え、費用対効果も含めてサポートして欲しい。

 

そんなお悩みをズバッと解決します!

 

ブランディングを行うメリット

  • 新規顧客獲得(BtoB・BtoC)が容易になる。
  • 利益率に好影響を及ぼす。
  • 競合他社と差別化できる。

 

私どものブランディングのおすすめポイント

ブランディングを専門の会社に相談したいと思っても、そもそもブランディングの定義が会社によって違うので提供内容は様々です。私どものブランディングの専門とすることに関しては、下記の通りです。

  1. WEBブランディングに強い!
  2. 新規顧客獲得に強い!
  3. 費用対効果の検証までトータルプロデュース!

 

ブランディングご依頼の流れ

 

@ヒアリング
 ↓ ↓
Aリサーチ・市場調査
 ↓ ↓
B各ツールご提案及び制作
 ↓ ↓
Cブランドマネジメント

 

一度、私どもブランディングプランナーのオンライン面談(60分無料)でご相談ください。フリーランスですので、フットワーク軽く対応させていただきます。

 

よくあるご質問

他社とどのようなところが違いますか?

WEBに特化し、WEBマーケティングもサポートしており、定量的(数値)に評価できる仕組みを持っています。

きれいなデザインが良いというものでもないですよね?

まさにその通りで、きれいなだけのデザインでは消費者のお財布は開きません。企業もそのことに気付き始めて認識を変えつつあります。私どもでは、消費者が実際に買いたくなるというのも含めてブランディングをご提案しています。

ブランディングをどのように定義付けていますか?

市場の中における新規性と顧客の目に触れた時、他社と認知的差異を図れるか(独自性)が重要だと考えています。

費用対効果も考えてくれますか?

2010年頃まで景気の良い大企業では、きれいなデザインにこだわってブランディングをしていました。今やWEBサイトの詳細な効果計測が可能な時代になり、いくらきれいで美しいサイトで消費者のお財布が開かないといったことが明らかになってきました。私どもでは、消費者にお財布を開かせ、さらに効果計測をし数字で誰もが納得できるということこそブランディングと考えています。

商品企画・開発段階からサポートしてもらうことはできますか?

もちろん、可能でございます。過去にクライアント様の商品企画をサポートした事例もございますので、ご参考くださいませ。

お見積り・オンライン相談のお申し込みはこちら
代表より「WEBの課題を私と一緒に解決しませんか?」
田中 十升田中 十升 WEB業界15年以上のWEBマーケッター
2004年3月大学卒業後から15年間、マーケティング関連やネット通販の企業を渡り歩く。2012年インテリア商材を扱う通販会社に転職し、SEO・SEM業務に従事。2014年3月には、コンテンツSEOを中心とした対策により、インテリア関係のキーワードを複数上位表示させ、前年比178%と売上に大きく貢献する。2015年、新天地を求めカラーコンタクト通販会社に転職。楽天ショップを担当し、月商140万のサイトを入社6ヶ月で月商1,000万にする。2019年4月に独立し、アド・リングを創業。(WEBコンサルティング実績はこちら。)

サポート強化エリア(全国オンライン打ち合わせ対応)
北海道・青森・秋田・岩手・宮城・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山・岡山・広島・山口・鳥取・島根・香川・徳島・高知・愛媛・福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

お問い合わせは下記フォームから

▼ ▼ ▼ ▼

お問い合わせ・無料相談

お困りごと別 解決ページ一覧
アクセス数が伸びない SEO対策ホームページの文章作成
問合せや購買に繋がらない コンバージョンを増やすLPOセールスライティング
現状を把握したい アクセス解析レポート効果検証ヒューリスティック調査ユーザビリティテスト
何を載せていいかわからない 市場調査顧客の声の重要性
事例・実績を知りたい WEBコンサルタントの実績お客様の声
料金を知りたい コンサルティング料金ホームページ制作料金研修料金
トップへ戻る