病院・クリニックのホームページ集客(集患)・SEO対策

病院・クリニックのホームページ集客(集患)・SEO対策

病院やクリニックでもホームページを作成して集客(集患)やSEO対策をすることは常識です。病院のホームページ集客・マーケティングはどんなポイントに注意したらいいのでしょうか。WEB業界15年以上のWEBコンサルタントにおまかせください。オンライン相談受付中!

地域で選ばれる!医院クリニックの集客(集患)とは?

病院・個人クリニックのホームページ集客

 

開業医・クリニック等でホームページが無い病院もあるようですが、集客・集患するためにホームページが必須となってきます。なぜならお客さんである患者さんは病院選びで、お医者様やスタッフがどんな人であるかということと、実際に診察を受けた患者さんの口コミや評判を見てどこの病院に行くか判断しているからです。

 

どんな先生が診療をしてくれて、どんなスタッフが対応してくれるのか、患者さんにとってわからない点が多いと不安に感じて来院してもらえなくなってしまいます。そういった情報を発信するために、ホームページはなくてはならないものとなっています。

 

集客(集患)できる病院のホームページにおいては、ベネフィット(便益)重視の訴求がポイントになります。おしゃれやかっこいい・かわいいデザインにしたい気持ちもわかりますが、それより大事なのは、わかりやすい・見やすいサイトです。

 

ここでは、「クリニック患者増やすにはどうしたらいい?」「クリニック口コミ増やすにはどうしたらいい?」とお悩みの院長様向けに、病院のホームページ集客には、具体的にどんなポイントに注意したらいいか解説していきます。

 

 

病院のホームページ作成で大切な3つのこと

病院のホームページを作成するうえで重要なポイントについて説明します。

 

1. 安心、信頼できる病院をアピールする

 

診察している開業医

患者さんにとってもどんな病院かわからないとき、事前にどんな科(標榜科)に対応しているのか?院内の様子はもちろん院長の人柄・実績・経験・治療方針などが記載されていると安心感がありますね。

 

患者さんのなかには女性医師がいるほうがいいと考える人もいます。看護師さんや検査技師さんなど患者さんと接する人の顔がわかるとより安心感が湧き、安心して来院できます。

 

2. 予約診療など患者さんの負担を軽減

患者さんが来院する上で必要な情報や機能をホームページに盛り込んでおく必要があります。例えば住所や電話番号・診療時間(最終受付時間)・アクセス方法などホームページに記載されていないと、わざわざ調べる手間も時間もかかります。

 

必要な情報がすべて記載されていれば、患者さんもそれを踏まえたうえで検討できます。また近頃は予約診療など待ち時間の軽減を意識している病院も多く、患者さんにとっても選ぶ基準の1つになっています。

 

そして、重要なのがネットから予約できるようにすることです。私が以前通院していた歯医者では、電話予約しか受け付けてもらえませんでした。20代の若い世代は、電話を使用する経験が少なく、LINEやメールでのやり取りが当たり前となっています。

 

電話でしか予約できないとなるとこうした患者さんを取りこぼすことになります。そのために予約フォームを設置することも考える必要があります。

 

3. 告知がホームページでできる

インフルエンザワクチン入荷の案内だったり、学会で先生がお休みのため診療を休止しますなど患者さんに伝えたい告知やニュースなど、ホームページを通して伝えるととても親切です。

 

そのため医院の告知ができ、定期的に情報をUPするなどの更新も必要になります。病院のホームページなのに定期的なメンテナンスが行き届いていないとイメージも悪くなってしまいます。

 

ブログを更新していない医院のサイトもありますが、それではやはり新患を取りこぼすことになるので、ブログ記事が更新できるようなつくりが好ましいですね。

 

集患・アクセス数UPは専門家に依頼した方が良い

 

病院にとってホームページとは患者さんが安心して来院できるための背中を押す存在に違いないですが、ホームページがあるだけではアクセスが増えません。ホームページはこだわって作るもののアクセスを増やしていく(集患)はあまり考えていない人がとても多いです。

 

ホームページ業者選定において、制作会社に問い合わせると相手も商売ですので「集患(集客)もできますよ」というケースがほとんどでしょう。しかし、制作会社やデザイン会社は、ホームページを作ること自体に長けてはいても、アクセスを増やすWEBマーケティング(集患)についてノウハウを持っていないことも実は多いのです。集患のためには、別途対策が必要になっています。

 

集患に必須のSEO対策とWEB広告

 

全国展開の大病院はもちろん、地域医療に根差した個人クリニックであっても、患者さんの検索キーワード(標榜科・主訴・病状・病名)に応じたSEO対策やリスティング広告運用の他、対象地域に絞ってディスプレイ広告を配信したり、グーグルビジネスプロフィールを活用したグーグルマップの口コミ対策が必要となってきます。

 

こうしたことは高度な専門知識が必要となりますので、我々のようなコンサルタントにぜひお問い合わせください。

 

私どもの集患サポート内容

 

対象のクリニック

 

内科・皮膚科・眼科・歯科医院・鍼灸院など。

 

当コンサルタントは、鍼灸院のホームページ制作の他、通販にて医薬品やヘルスケア商材等で実績を上げてきた経験を活かし、医院やクリニックの集患コンサルティングを行っております。

 

ご依頼いただいたお客様の声

お客様の声(みわ鍼灸院梅の里 庄村美和様)

 

集患セミナー受講者様の声

受講者の声(神奈川県 歯科医師 K・K様)

 

よくあるご質問

多忙で打ち合わせの時間があまり取れませんが、対応してもらえますでしょうか?

当方ではお打ち合わせを夜間にさせていただいたり、ほぼ丸投げでも新患獲得の成果を出せるような仕組み・ノウハウを持っていますので、ご安心ください。

病院やクリニックのWEB戦略立案において医療の専門的な知識も必要になるかと思いますが、対応可能でしょうか?

あらゆる業界のコンサルティング経験があり、病院でも同様に成果を出すことが可能と考えております。また医療の専門知識においては医療関係者のブレーンもおりますので、十分に対応が可能と考えております。

 

このたび私どもでは、医院のホームページ制作と集患コンサルティングをセットにしたパッケージを販売開始しました。

 

医院を開業予定の方や集患が思うようにできていない方、広告費をかけたわりに思ったほど集患できていない方などサポートさせていただきます。お困りでしたら一度ご相談くださいませ。

お見積り・オンライン相談のお申し込みはこちら

WEBの課題を私と一緒に解決しませんか?
田中 十升田中 十升 WEB業界15年以上のWEBマーケッター
2004年3月大学卒業後から15年間、マーケティング関連やネット通販の企業を渡り歩く。2012年インテリア商材を扱う通販会社に転職し、SEO・SEM業務に従事。2014年3月には、コンテンツSEOを中心とした対策により、インテリア関係のキーワードを複数上位表示させ、前年比178%と売上に大きく貢献する。2015年、新天地を求めカラーコンタクト通販会社に転職。楽天ショップを担当し、月商140万のサイトを入社6ヶ月で月商1,000万にする。2019年4月に独立し、アド・リングを創業。(WEBコンサルティング実績はこちら。)

サポート強化エリア(全国オンライン打ち合わせ対応)
北海道・青森・秋田・岩手・宮城・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山・岡山・広島・山口・鳥取・島根・香川・徳島・高知・愛媛・福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

お問い合わせは下記フォームから

▼ ▼ ▼ ▼

お問い合わせ・無料相談


お困りごと別 解決ページ一覧
アクセス数が伸びない SEO対策ホームページの文章作成
問合せや購買に繋がらない コンバージョンを増やすLPOセールスライティング
現状を把握したい アクセス解析レポート効果検証ヒューリスティック調査ユーザビリティテスト
何を載せていいかわからない 市場調査顧客の声の重要性
事例・実績を知りたい WEBコンサルタントの実績
料金を知りたい コンサルティング料金ホームページ制作料金研修料金