来院の絶えない個人医院・クリニックのホームページとは?

診察している開業医

病院やクリニックでも独自のホームページを作ることはもはや常識となっています。病院に関しては実際に行ったことがないと、どんな先生が診療をしてくれるのか?院内の雰囲気や混雑具合など何もわかりません。患者さんにとってもわからない点が多いと不安に感じてしまうことも…。病院のホームページ作成にはどんなポイントに注意したらいいのでしょうか。

 

病院のホームページ作成で大切なこと

病院のホームページを作成するうえで重要なポイントについて説明します。

 

1. 安心、信頼できる病院をアピールする

患者さんにとってもどんな病院かわからないとき、事前に医師がどんな科に対応しているのか?どんな顔をしているのか?実績や経験などが記載されていると安心感がありますね。患者さんのなかには女性医師がいるほうがいいと考える人もいます。院内の様子はもちろん看護師さんや検査技師さんなど患者さんと接する人の顔がわかるとより安心感が湧き、安心して来院できます。

 

2. 予約診療など患者さんの負担を軽減

患者さんが来院する上で必要な情報や機能をホームページに盛り込んでおく必要があります。例えば住所や電話番号・診療時間(最終受付時間)・アクセス方法などホームページに記載されていないと、わざわざ調べる手間も時間もかかります。必要な情報がすべて記載されていれば、患者さんもそれを踏まえたうえで検討できます。また近頃は予約診療など待ち時間の軽減を意識している病院も多く、患者さんにとっても選ぶ基準の1つになっています。

 

3. 告知がホームページでできる

インフルエンザワクチン入荷の案内だったり、学会で先生がお休みのため診療を休止しますなど患者さんに伝えたい告知やニュースなど、ホームページを通してお伝えできます。そのためわかりやすい告知ができるホームページのデザインで、定期的に情報をUPするなどの更新も必要になります。また病院のホームページで定期的なメンテナンスが行き届いていないとイメージも悪くなってしまいます。

 

病院にとってホームページとは患者さんが安心して来院できるための背中を押す存在です。個人でホームページを作成することもできますが、毎日時間に追われているなかで専門的な知識を学んだり時間をかけて作成するのはあまりに効率的とはいえません。

 

自分でホームページ作成について学んでみたいと思っているのであればいいのですが、少ない時間のなかで作成しなくてはいけないのであれば専門家に任せてしまうのもおすすめです。病院に必要なホームページのポイントをしっかりと抑えつつ、患者さんに喜ばれるホームページが完成します。


サポート強化エリア

大阪府(大阪市・高槻市・茨木市・摂津市・吹田市・豊中市・池田市・箕面市)


全国オンライン相談も実施中!

▼ ▼ ▼ ▼

事業者様向け相談フォーム

トップへ戻る